2019.8.14 05:02

高橋礼、七回途中無失点で10勝!ソフトバンク5連勝

高橋礼、七回途中無失点で10勝!ソフトバンク5連勝

試合終了後、両手を広げ10勝をアピールするソフトバンク・高橋礼投手=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

試合終了後、両手を広げ10勝をアピールするソフトバンク・高橋礼投手=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天0-3ソフトバンク、18回戦、9勝9敗、13日、楽天生命)高橋礼が七回途中無失点で10勝目をマークした。「白星にこだわらず、常に0点を目指します」。序盤は「打者に直球が走っていると印象付けたかった」と直球を決め球に、二回無死満塁のピンチはウィーラーを投ゴロ併殺打、辰己を空振り三振に仕留めた。中盤は変化球を低めに集め、計3併殺を奪った。1年目は未勝利で2年目に2桁勝利を挙げたのは、球団では1999年の永井智浩と星野順治以来20年ぶりとなった。

10勝目の高橋礼にソフトバンク・工藤監督「彼が投げるなら勝たないといけない、という投手になった」

2年ぶりに30号に到達したソフトバンク・デスパイネ「とりあえず達成できてよかったね。本当は背番号(54本)くらい打ちたい」

試合結果へ

  • 試合終了後、両手を広げ10勝をアピールするソフトバンク・高橋=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 8回無死、ソフトバンク・デスパイネが右中間に本塁打を放つ=楽天生命パーク
  • 8回、本塁打を放つソフトバンク・デスパイネ=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 2回、二塁打を放つソフトバンク・甲斐=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 1回、先制点となる遊ゴロを放つソフトバンク・デスパイネ=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 先発のソフトバンク・高橋礼=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)