2019.8.14 21:49

中日・平田、死球で途中交代 与田監督「折れてなくて良かった」

中日・平田、死球で途中交代 与田監督「折れてなくて良かった」

2回中日2死、死球を受けた平田=ナゴヤドーム

2回中日2死、死球を受けた平田=ナゴヤドーム【拡大】

 (セ・リーグ、中日3-6阪神、20回戦、中日12勝7敗1分、14日、ナゴヤD)中日の平田が二回、右手首付近に投球を受けて三回の守備から退いた。名古屋市内の病院でエックス線検査をした結果、骨に異常はなく「右手尺骨茎状突起部周囲打撲」と診断された。

 15日以降、腫れや痛みが引かなかった場合は精密検査する予定。試合後、ナゴヤドームに戻った平田は「骨折でないと言われたので、今日のところはそれ以上診察しないようにお願いした。残り試合も少ないし、出たい気持ちがあるので」と話した。

 与田監督は「折れてなくて良かった。1、2試合休ませるくらいで問題ないんじゃないかな」と話した。

試合結果へ