2019.8.14 05:02

DeNA・上茶谷、自己ワースト7失点…ラミ監督が2軍調整示唆

DeNA・上茶谷、自己ワースト7失点…ラミ監督が2軍調整示唆

4回7失点と崩れた上茶谷。チームは痛い黒星を喫した (撮影・斎藤浩一)

4回7失点と崩れた上茶谷。チームは痛い黒星を喫した (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト8-7DeNA、20回戦、DeNA11勝9敗、13日、神宮)DeNAは点の奪い合いに敗れ、リーグ最下位のヤクルトに痛い2連敗を喫した。三回まで5-1とリードしていただけに、ラミレス監督も渋い表情だ。

 「打線はよく打ってくれたが、あと1点、足りなかった」

 誤算は先発のD1位・上茶谷(東洋大)。四回に6失点するなど、4回を自己ワーストの7失点。五回途中6失点だった6日の広島戦に続き、2試合連続の大量失点だった。

 「野手の皆さんが点を取って援護してくれたにもかかわらず、リードを守ることができずに申し訳ないです」

 うなだれた新人右腕の次回登板について指揮官は「考えないといけない」と2軍調整を示唆した。8月の12試合で先発投手が六回を投げきったのは3試合だけ。11日の中日戦からは3連敗。首位を狙うチームが正念場を迎えた。(湯浅大)

試合結果へ

  • 4回、ヤクルト・太田に適時三塁打を許し立ち尽くすDeNA・上茶谷=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 先発のDeNA・上茶谷=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 試合に敗れ、引き揚げるDeNA・ラミレス監督(左)=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 連敗し引き揚げるDeNA・ラミレス監督=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • 6回、ヤクルト・村上の打球を好捕するDeNA・ソト=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • 6回1死三塁、DeNA・柴田が右前に同点打を放つ=神宮
  • 6回、右適時打を放ち生還したDeNA・柴田=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 2点本塁打を放ち、笑顔でタッチをかわすDeNA・伊藤裕=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
  • 2点本塁打を放つDeNA・伊藤裕=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 2点本塁打を放つDeNA・伊藤裕=神宮球場(撮影・長尾みなみ)