2019.8.12 05:00

【ダンカン】ダメンズLOVE!?勝利の女神が振り向いた!

【ダンカン】

ダメンズLOVE!?勝利の女神が振り向いた!

特集:
ダンカン 虎の通信簿
八回、1点差に迫る2点二塁打を放つ大山。連夜の活躍で、勝利の流れを呼び寄せた(撮影・門井聡)

八回、1点差に迫る2点二塁打を放つ大山。連夜の活躍で、勝利の流れを呼び寄せた(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神6-5広島、21回戦、阪神11勝10敗、11日、京セラ)来た! 来た! 来たー!! シーズン終盤になって、やっと勝利の女神が虎に振り向いてくれたのだ!!

 しかし、矢野監督も、俺たち虎党も、まさか女神が「ダメンズLOVE♪」とは、ちーとも気付かなかったもんねえ…。

 前夜、106試合目にして虎の4番を外れた大山が6番で逆転サヨナラ3ランの大仕事をしたと思ったら、本日も3点を追う八回に2点二塁打を放ち、チームを勢いづけて勝利へと導いたのだ!!

 「アラ、6番に下がったのネ。そのダメンズぶりがたまらないわ~♪」と勝利の女神もほほ笑んでいるに違いない。

 大山く~ん。近いうちに4番に戻ってガンガンと打ちまくり「何がダメンズや!! 何が勝利の女神や、黙って俺について来いやー!!」と言うぐらいになってほしいのだ。

 同点打の糸原も、決勝のホームを踏んだ植田の足も素晴らしかった!! でも正直、なぜ勝てたのかは分からないのだ。思うのは、広島を含めた上位チームは、確たる強さはないのだと思う。さあ虎よ、女神を味方につけて走りまくれー!!

試合結果へ