2019.8.11 05:05(1/3ページ)

DeNA・D2伊藤裕、サヨナラ呼んだ連発!ラミクル采配でミラクル新人大仕事

DeNA・D2伊藤裕、サヨナラ呼んだ連発!ラミクル采配でミラクル新人大仕事

特集:
2019新人情報
六回にプロ初本塁打を放った伊藤裕。さわやかな笑みを浮かべ、ナインとタッチした(撮影・斎藤浩一)

六回にプロ初本塁打を放った伊藤裕。さわやかな笑みを浮かべ、ナインとタッチした(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA5x-4中日、18回戦、DeNA12勝6敗、10日、横浜)セ・リーグ2位のDeNAは10日、中日18回戦(横浜)に5-4で今季6度目のサヨナラ勝ちを飾った。「5番・二塁」でプロ初先発したドラフト2位・伊藤裕季也内野手(22)=立正大=が六回に1号ソロ、八回には2打席連発となる同点2ランを放ち、サヨナラ劇を呼び込んだ。デビュー3戦目以内の1試合2発は球団では60年ぶりの快挙。8日に1軍初昇格を果たしたニューヒーローの活躍で、チームは首位・巨人との1ゲーム差を維持した。

 21年ぶりの優勝へ、新たなヒーローが誕生した。プロ初先発で衝撃の2発。乙坂の犠飛で決まったサヨナラ劇を呼び込んだ伊藤裕は、俳優・千葉雄大似の甘いマスクをお立ち台で輝かせた。

 「打ったとき、スタンドに入ったときの歓声が聞こえていた。気持ちよかったです」

 1-3の六回に滞空時間の長い飛球を左翼席に届かせプロ初本塁打。2-4の八回無死一塁では「あまり緊張したことがない」という強心臓ぶりを発揮し、ロドリゲスの151キロの直球を左翼席にたたき込んだ。2打席連発は「野球人生で初めて」。それをプロ初先発の舞台でやってのけた。

 左有鉤(ゆうこう)骨骨折の宮崎と入れ替わって8日に1軍初昇格。前日の中日戦で初安打を含む2本の二塁打を放ち、チャンスをつかんだ。

【続きを読む】

  • 6回、左本塁打を放つDeNA・伊藤裕季也
  • 8回、同点2ランを放つDeNA・伊藤裕季也
  • 03年の村田修一
  • 6回、本塁打を放つDeNA・伊藤裕=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 8回2点本塁打を放ち、ナインに迎えられるDeNA・伊藤裕=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • お立ち台で乙坂(右)とポーズを決めるDeNA・伊藤裕=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発のDeNA・石田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 5回安打を放つDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 7回中日・平田の鋭い打球に飛びつくDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 9回サヨナラの犠飛を放ち、ガッツポーズするDeNA・乙坂=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 9回サヨナラとなる犠飛を放ち、歓喜のウオーターシャワーを浴びるDeNA・乙坂(手前右)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • ファーストピッチセレモニーを務め、DeNA・山崎(右)と握手する佐々木主浩氏=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)