2019.8.7 20:32

DeNAにアクシデント、宮崎が苦痛に顔をゆがめて打席途中で交代

DeNAにアクシデント、宮崎が苦痛に顔をゆがめて打席途中で交代

6回、打席の途中で交代するDeNA・宮崎=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

6回、打席の途中で交代するDeNA・宮崎=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 DeNAは7日、広島との17回戦でアクシデントに見舞われた。

 六回の攻撃で2死一塁から打席に立った宮崎はカウント2ボールからファウルを打った際にどこかを痛めた様子で打席を外れた。トレーナーも心配そう駆け寄ったが、宮崎はプレーを続行。再び打席に立ち、次のスイングとなったフルカウントかたのファウルで苦痛に顔をゆがめ、左脇腹をおさえるようなしぐさをみせ、そのまま打席の途中で石川に交代した。

 昨年まで2年連続でベストナインに選ばれるなど、チームの中心選手だけに症状が心配される。宮崎は2017年4月に左脇腹を痛めて約2週間、1軍から離れたこともある。

試合結果へ