2019.8.1 19:43

巨人・菅野、エースの覚悟 山口離脱に「自分の出番」

巨人・菅野、エースの覚悟 山口離脱に「自分の出番」

特集:
菅野智之
練習を終え引き揚げる巨人・菅野智之=東京ドーム(撮影・矢島康弘)

練習を終え引き揚げる巨人・菅野智之=東京ドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

 巨人・菅野智之投手(29)が1日、東京ドームでキャッチボールやダッシュなどを行い、先発するあす2日のDeNA戦(横浜)に向けて調整。梅雨が明け、暑さが増す中での登板となるが、気合を込めた。

 「そこ(暑さ)はどうにもならないので。準備と対策と、しっかりしてきているつもりなので」

 さらに、エースとしての覚悟も示した。この日、右肘周囲の筋肉に張りを訴えた同僚の山口が、出場選手登録を抹消されるという非常事態。今季はここまで先発陣の軸として18試合に登板し、いずれもリーグトップの11勝(2敗)、防御率2・55、勝率・846、131奪三振の投手4冠に輝いている右腕の離脱は痛手だが、菅野はこう口にした。

 「今年はね、(山口)俊さんが開幕からずっと頑張ってきてくれていますし。いまの位置にいられるのはもちろんバッターの頑張りだったり、全員の頑張りなんですけど、俊さんの活躍というのは間違いなく大きいと思います。こういうときこそやっぱり、自分の出番だと意気に感じて投げたいなと思います」

 自身はここまで8勝4敗、防御率3・97。今季初完封を果たした7月2日の中日戦(東京ドーム)以来、1カ月ぶりの勝利を目指す。