2019.8.1 16:39

巨人、宮本コーチ、離脱の山口に最短復帰を期待も…穴は「みんなで埋めていくしかない」

巨人、宮本コーチ、離脱の山口に最短復帰を期待も…穴は「みんなで埋めていくしかない」

山口俊(左)を労う巨人・宮本和知投手総合コーチ(7月16日撮影) 

山口俊(左)を労う巨人・宮本和知投手総合コーチ(7月16日撮影) 【拡大】

 巨人・山口俊投手(32)が1日、出場選手登録を抹消された。前日7月31日の練習ではキャッチボールを行っていたが、その後、病院で検査を受け、右肘周囲の筋肉の張りと診断されたという。この日は、登板2日後ということもあり、予定通り休養日だった。

 山口は今季、開幕からローテーションを守り続け18試合に登板し、いずれもリーグトップの11勝(2敗)、防御率2・55、勝率・846、131奪三振。投手4冠に輝き、チームを引っ張っていた。

 宮本投手総合コーチは前日の午後11時頃、電話で事情を聴いたと言い「ぼくたちが一番心配しているんですよ。本人はケロっとして『次行けますよ』って言うから『いやいやそれは…』っていうね。だけど、彼は本当に我慢強いというピッチャーというか、痛いとかひと言も言わないんですよね。やっぱりこっち側が心配してやらないといけないのかなというね」と思いやった。

 その上で「そこまで長くかかることはないと思いますし、最短10日とかの部分でぼくは待っていますけど、それを彼に『頼むぜ』と、『10日後な』というと、彼が焦るだけなので」と軽症であることを説明。再登録が可能なのは、8月11日のヤクルト戦(東京ドーム)以降となる。

 6日からは中日(ナゴヤドーム)、ヤクルト(東京ドーム)、広島(マツダ)の9連戦が組まれている。「あいつ(山口)の穴は1回飛ばすだけでも大きいので、そこをみんなで埋めていくしかないですね」と宮本コーチ。この日から野上が1軍に合流しており、田口や大竹らリリーフ陣で先発経験がある投手や、現在の先発陣の間隔を詰めるなどして大きな穴を埋めていく。