2019.7.31 16:44

阪神・藤浪が気合「普通に投げることが一番」 1日の中日戦に今季初先発予定

阪神・藤浪が気合「普通に投げることが一番」 1日の中日戦に今季初先発予定

特集:
藤浪晋太郎
キャッチボールをする阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

キャッチボールをする阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が今季初先発予定の1日の中日戦(甲子園)に向けてダッシュなどで調整した。

 「普通に投げることが一番だと思う。自分のやるべきことを考えて、少しでも長いイニングを投げられるようにしたいです」

 今季はここまでウエスタンで8試合に登板し1勝3敗、防御率1・88。1軍のマウンドに立つのは3月12日の中日とのオープン戦(ナゴヤドーム)で4回4四死球と崩れ、無期限2軍が決まって以来となる。竜打線との“再戦”へ「打線がいいチームなので、つながらないようにしたい」と力を込めた。