2019.7.30 05:05(2/3ページ)

阪神・藤浪、いい顔で“復勝つ”! 8・1甲子園95歳バースデーに帰って来る

阪神・藤浪、いい顔で“復勝つ”! 8・1甲子園95歳バースデーに帰って来る

特集:
藤浪晋太郎
ボールを投げる表情も引き締まる。4カ月間の調整の成果を見せるゾ

ボールを投げる表情も引き締まる。4カ月間の調整の成果を見せるゾ【拡大】

 「技術練習をじっくりできた。1軍で投げていると、どうしても試合に合わせて小手先でごまかして…となってしまいがち。そこをゆっくりじっくりやらしてもらった」

 制球難を克服するため安藤育成コーチらと約4カ月間、試行錯誤した。2段モーションを試してみたり、脱力投法をしてみたり…。5月に実戦復帰すると、修正を施しながらウエスタン8試合で1勝3敗も、防御率は1・88。最終的に左足を上げたときに、膝から下を少し斜めに傾けて、足裏を二塁方向に向けるようなフォームで一定の安定感を得るに至った。

 打ではソラーテを起爆剤として注入。あとは投の劇薬だ。剛腕を1軍に呼んだ矢野監督が「俺がよく言う『楽しむ』ということはなかなかできにくいとは思うけど、どうせならいい顔で、久しぶりに帰って来る甲子園のマウンドで、そういう気持ちを少しでも持って投げることが一番大事じゃないかな」と期待を寄せれば、藤浪も「まだ課題もあるけど、いい部分は出てきている。それをしっかり出していけたら」とうなずく。

 帰ってきた背番号「19」が逆襲のキーマン。雌伏の時を経て、虎をもう一度、加速させる。 (織原祥平)

藤浪について阪神・福原投手コーチ「自分のピッチングをしてもらうのが一番。しっかりファームでやってきたことを出してもらえれば」

藤浪について阪神・平田2軍監督「(丸亀遠征から帰阪し)さっき会ったけど、いい顔をしていた。普通が難しいんだけど、普通に頑張ってほしい。誰にでもチャンスはあるから」

【続きを読む】

  • 藤浪は甲子園での投手指名練習で汗を流す。いよいよ出番だ!(撮影・中島信生)
  • 投手指名練習に合流した阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 色・藤浪の2軍登板成績