2019.7.28 13:14

花咲徳栄、山村学園下し5年連続7度目の甲子園出場/埼玉

花咲徳栄、山村学園下し5年連続7度目の甲子園出場/埼玉

一回二死、二、三塁で左中間に2点二塁打を放つ花咲徳栄・菅原(撮影・赤堀宏幸)

一回二死、二、三塁で左中間に2点二塁打を放つ花咲徳栄・菅原(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 全国高校野球選手権埼玉大会は28日、さいたま市の県営大宮公園野球場で決勝が行われ、花咲徳栄が山村学園を11-2で下し、5年連続7度目の夏の甲子園出場を決めた。

 花咲徳栄は一回、死球左前打、敵失などで一死満塁となり死球で先制し、さらに死球、6番・田村大哉内野手(2年)の左前打で2点、さらに9番・菅原謙伸捕手の左中間二塁打で2点の計6点を先行した。

 その後も加点し、先発のエース左腕・中津原隼太投手(3年)が2失点で投げ切った。

 花咲徳栄・岩井隆監督は、「(5年連続を)狙ったわけではない。1日1日を大事に積み重ね、辛いことにもめげずに這い上がってきただけ」と語った。

地方大会日程へ