2019.7.27 15:51

【一問一答】菊池雄星、粘りの投球2失点「思い描いたピッチングに近かった」

【一問一答】

菊池雄星、粘りの投球2失点「思い描いたピッチングに近かった」

特集:
菊池雄星
タイガース戦の7回途中、サービス監督(29)にボールを手渡し降板するマリナーズ・菊池=シアトル(共同)

タイガース戦の7回途中、サービス監督(29)にボールを手渡し降板するマリナーズ・菊池=シアトル(共同)【拡大】

 【シアトル(米ワシントン州)26日(日本時間27日)】本拠地Tモバイル・パークで行われたタイガース戦に先発した菊池雄星投手(28)は、序盤にソロ本塁打2発でリードされたが、その後は走者を出しても粘り、七回途中まで7安打、2失点に抑えた。勝敗はつかなかった。マリナーズは、菊池降板後に同点とすると、九回に3―2でサヨナラ勝ちを収めている。以下、菊池の一問一答。

 ――粘って投げられた

 「先制点を与えてしまいましたが、その後は粘りながら投げられたと思います」

 ――手応えは?

 「ストライク先行でいくことが一番大事だと思ってましたので、それができた試合だった」

 ――やりたいことができた?

 「全体的にストレートで勝負できたと思いますし、プランというか、キャッチャーと話し合った、思い描いた、そういうピッチングに近かった」

 ――最近は結果が出ていなかった

 「結果が出ていなかったですけど、ボール自体は自信を持って勝負できていましたし、今日はそれと結果が一致した、そういう試合だったと思います」

 ――勝ちはつかなかったが

 「先制点を防いでいけば、勝ち星にもつながってくると思うので、次はそういう試合をしたい」

 ――五回のダブルプレーは大きかった。

 「センターライナーですか? そうですね」

 ――1ボールからの2球目。相手は4シームを待っていた。

 「(相手は)初回からストレートに張ってるな、というのは感じてましたけど、やっぱり、ヒットにされた球っていうのは、少し甘い球だった。でも、全体的には差し込めるボールも多かったかな、と思います」

 ――ゲームプランというのは、相手が早めに仕掛けることを想定?

 「早打ちだというデータも当然、ありましたし、やはり、いいカウントを作ることで、球種も多い方ではないので、早く追い込むことでこっちのペースにできるという、それは毎試合のテーマではありますけど」

試合結果へ菊池の成績へ

  • タイガース戦に先発したマリナーズ・菊池=シアトル(共同)