2019.7.26 22:51

侍J稲葉監督、ヤクルト・山田哲を評価「3拍子そろった選手」

侍J稲葉監督、ヤクルト・山田哲を評価「3拍子そろった選手」

特集:
侍ジャパン
1回、二盗を決めるヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ) 

1回、二盗を決めるヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ) 【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト3-12広島、15回戦、ヤクルト8勝7敗、26日、神宮)ヤクルト・山田哲人内野手(27)が一回に二盗を決め、バットでは15日以来の複数安打を放った。

 侍ジャパンの稲葉監督が視察に訪れる中、一回に中前打で出塁すると、次打者の初球にスタートを切り23個目の盗塁に成功。今季はここまで失敗がなく、昨年から28連続で成功となった。

 七回には、2死一塁から右中間へ適時三塁打を放ち、稲葉監督は「打って、守れて、走れるという3拍子そろった選手。国際大会では、なかなか一発でスチールを決めるというのが難しい。100%の盗塁成功率なので、そういうところも含めてこれからどんどん持ち味というものを出していってほしい」と評価した。

 山田哲は「守備や打撃だけでなく、これまで走塁もしっかり意識してやってきた。後半戦もまだ残っているので、チームを勝ちに導き、結果を残せるように頑張りたい」と前を向いた。

試合結果へ

  • 7回適時三塁打を放つヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ)