2019.7.26 05:01

侍・稲葉監督、2番筒香に注目「今年は非常に出塁率が高い」

侍・稲葉監督、2番筒香に注目「今年は非常に出塁率が高い」

特集:
侍ジャパン
9回、適時打を放つDeNA・筒香=甲子園球場(撮影・森田達也)

9回、適時打を放つDeNA・筒香=甲子園球場(撮影・森田達也)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-6DeNA、18回戦、阪神10勝7敗1分、25日、甲子園)DeNA・今永昇太投手(25)が25日、阪神18回戦(甲子園)で9回4安打の完封で今季9勝目(5敗)を挙げた。日本代表・稲葉篤紀監督(46)が視察する前で存在感をアピールした。

 日本代表・稲葉監督は、後半戦から2番に入っている筒香にも注目した。この日も2安打、1四球、1打点と貢献した侍ジャパンの主砲について「今年は非常に出塁率が高い。チーム(DeNA)として一番得点できる形として2番に入っていると思う。私もそういう変化には、いろいろな話を聞きながら、やるやらないは別として、チームをどう作っていくかと」とオプションの一つとして参考にした。

試合結果へ