2019.7.26 05:02

JFE東日本、初V!元DeNA・須田が全5戦救援で橋戸賞/都市対抗

JFE東日本、初V!元DeNA・須田が全5戦救援で橋戸賞/都市対抗

JFE東日本が悲願の初優勝。元DeNAの須田(中)が優勝投手となった

JFE東日本が悲願の初優勝。元DeNAの須田(中)が優勝投手となった【拡大】

 第90回都市対抗野球最終日(25日、東京ドーム)決勝が行われ、JFE東日本(千葉市)がトヨタ自動車(豊田市)を6-4で破り、初優勝。全5試合に救援登板して4勝を挙げた元DeNAの須田幸太投手(32)が橋戸賞(最優秀選手賞)に輝いた。1972年創部のJFE東日本は23度目の出場で令和最初の「黒獅子旗」を手にした。千葉市勢の制覇は75年の電電関東以来。トヨタ自動車は3年ぶり2度目の優勝を逃した。

 鮮やかな集中打と抑えの切り札、須田の力投。JFE東日本の勝利の方程式が、決勝でも威力を発揮した。3季目の落合監督は「自分たちの攻撃野球を体現してくれた」と初Vに目を潤ませた。

 準決勝までの4試合で3度逆転サヨナラ勝ちの勢いで、一回に先制されても慌てなかった。2-2の四回1死満塁から今川の左前打で勝ち越すと、峯本が連続適時打。岡田も適時内野安打と新人3人の活躍で、一気に4点を勝ち越した。今川は「最高。出来過ぎ」と興奮が止まらなかった。

 準決勝までの全ての試合で投げていた元DeNAの須田は2点差の七回2死二、三塁で登板。完璧に抑えた右腕は「ここで頑張らないと男じゃない」と語り、落合監督は「令和の新しい歴史のスタート」と喜んだ。

須田 幸太(すだ・こうた)

 1986(昭和61)年7月31日生まれ、32歳。茨城県出身。土浦湖北高で3年春に甲子園出場。早大、JFE東日本を経て2011年ドラフト1位で横浜(現DeNA)入団。16年には62試合に登板、防御率2.68でチーム初のCS進出に貢献。昨オフに戦力外となり、今年から古巣のJFE東日本でプレー。NPBでは通算166試合に登板、16勝19敗1S、防御率4.81。176センチ、76キロ。右投げ右打ち。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • JFE東日本-トヨタ自動車2回裏JFE東日本2死一塁、長谷川が左中間に2ランを放つ=東京ドーム
  • JFE東日本-トヨタ自動車2回裏、2ランを放ちナインに迎えられるJFE東日本・長谷川(右)=東京ドーム
  • トヨタ自動車戦に先発したJFE東日本・本田=東京ドーム