2019.7.24 05:00

ヤクルト・青木、デラロサ打ちも悔し…空砲

ヤクルト・青木、デラロサ打ちも悔し…空砲

 (セ・リーグ、巨人6x-5ヤクルト、15回戦、巨人9勝6敗、23日、京セラ)2-5で迎えた八回2死一、二塁で青木が一時同点となる12号3ランを放った。交代直後の巨人2番手・デラロサの初球を右翼席に運び、「前回対戦していたのでイメージはあった。本塁打になるとは思わなかった」と振り返った。チームはサヨナラ負け。37歳は「追い付いたけど、追い越せなかった。一気にいきたかった」と悔やんだ。

1カ月ぶりの先発で一回に4失点するなど5回10安打5失点のヤクルト・ブキャナン「久しぶりの登板で、感覚を取り戻す前に失点してしまった」

ブキャナンについてヤクルト・田畑投手コーチ「2軍に落ちる前よりは良くなっているのが見えた。次につなげてほしい」

試合結果へ