2019.7.22 05:05(1/3ページ)

涙の8強!大船渡・佐々木、194球21K完投&延長十二回V弾/岩手

涙の8強!大船渡・佐々木、194球21K完投&延長十二回V弾/岩手

佐々木が延長十二回の決勝2ランにガッツポーズ。自らのバットで勝利を手繰り寄せた(撮影・長尾みなみ)

佐々木が延長十二回の決勝2ランにガッツポーズ。自らのバットで勝利を手繰り寄せた(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 第101回全国高校野球選手権大会岩手大会(21日、大船渡4-2盛岡四=延長十二回、岩手県営)涙の8強進出だ!! 第101回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた岩手大会4回戦で21日、最速163キロの大船渡・佐々木朗希投手(3年)が盛岡四戦の八回2死に160キロをマーク。2012年に花巻東・大谷翔平(現エンゼルス)が岩手大会準決勝(対一関学院)で記録した高校生の公式戦最速に並んだ。試合は延長十二回に自らの決勝2ランで4-2の勝利。12回で計194球、7安打2失点21奪三振の熱投を披露し、22日の準々決勝(対久慈)に駒を進めた。

 安堵感と達成感-。勝利の校歌を歌い終えた佐々木の目から、涙があふれた。12回、計194球を投げ切った背番号1に、1万2000人超の観衆から、大きな拍手が降り注いだ。

 「負けたら終わりというプレッシャーの中で、勝ちきることができたのでよかった。少し力が入って、質のいいボールがいかなかった。そこは課題だと思う」

 苦しかった。でも、マウンドに立ち続けた。2点リードの九回に四球と連打で追いつかれた。延長に入ってもチームのために続投し、7安打を浴びながらも、毎回の21奪三振。本格的に解禁したフォークボールを効果的に使い、チームを7年ぶりの8強に導いた。

 岩手県営球場の伝説が蘇った。2012年7月19日。岩手大会準決勝で花巻東の大谷が160キロを出した。あれから7年。序盤から飛ばし、150キロ台を連発した佐々木が、八回2死で相手3番・岸田への3球目に外角低めの直球(判定はボール)で160キロを出した。

 スコアボードに「160」が表示されると、超満員のスタンドから「うおー!!」と地鳴りのような、どよめきが響いた。同郷のヒーローと同じマウンドで高校生の公式戦最速記録に並んだ。

【続きを読む】

  • 激闘の後にスタンドへ、あいさつに向かった佐々木の目から涙がこぼれた(撮影・土谷創造)
  • 大船渡先発の佐々木朗希投手=岩手県営野球場(撮影・土谷創造)
  • 2点本塁打を放つ大船渡・佐々木朗希=岩手県営野球場(撮影・長尾みなみ)
  • 2012年に岩手大会準決勝で公式戦最速160キロをマークした花巻東・大谷翔平(現エンゼルス)
  • 8回を160キロで締めて笑顔を見せる大船渡・佐々木=岩手県営野球場(撮影・土谷創造)
  • 大船渡・佐々木朗希の今夏の登板成績