2019.7.22 05:03

ロペスが今季3本目の満弾!DeNA、ついに貯金「1」

ロペスが今季3本目の満弾!DeNA、ついに貯金「1」

3回、満塁本塁打を放つDeNA・ロペス=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)

3回、満塁本塁打を放つDeNA・ロペス=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA5-4中日、13回戦、DeNA8勝5敗、21日、横浜)頼りになる新4番だ! DeNA・ロペス内野手(35)が、三回2死満塁で左越えに先制の満塁弾。大爆発中の主砲が後半戦の本拠地7連戦で5度目のお立ち台に呼ばれた。

 「忘れられないホームランになる。涙が出てきた。一生の宝物です」

 この日は愛息のホセ・ロペスJr.くんが13歳の誕生日。狙っていた一発で、チームを4月18日以来、91日ぶりの貯金1に導いた。

 マリナーズなどで活躍し、来日7年目。15日の後半戦開幕から筒香に代わって4番に入った。これで今季3本、月間2本の満塁弾はいずれも球団最多タイだ。

 前日20日は日米通算400二塁打を達成、この日の満塁弾で一気に大台を超えて、日米通算1002打点(日本で522点、メジャーで480点)をマーク。「信じられない。数字は気にしていないが、日々の結果がつながった」と充実感に浸った。

 リーグ2位のDeNAは中日に3連勝を飾り、首位・巨人と7ゲーム差。15日の最大10・5ゲーム差からジワジワと迫っている。

 「素晴らしい結果だ。でも、上に巨人がいる。少しでも近づきたい」

 ロペスは古巣追撃へ、気勢を上げた。球場で観戦していた妻、義母、息子、娘は22日に母国のベネズエラに帰国する。再び離ればなれになるが、家族のために日本で快音を響かせる。 (山口泰弘)

データBOX

 DeNA・ロペスの満塁本塁打は5月30日の中日戦、7月9日のヤクルト戦に次いで今季3本目。DeNA(前身球団を含む)の選手のシーズン3本は球団最多タイで、1972年のシピン、99年のR・ローズと鈴木尚典に次いで20年ぶり4人目。月間2本の満塁弾も球団最多タイで、72年7月のシピン、99年6月のR・ローズ、2001年7月の谷繁元信に次いで18年ぶり4人目。

試合結果へ

  • ファンとタッチを交わすDeNA・ロペス=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 1回、中安打を放つDeNA・ソト=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 4番手のDeNA・齋藤=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 3番手のDeNA・武藤=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 2番手のDeNA・桜井=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 5回、中日・堂上に左適時打を許したDeNA・大貫=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 9回に登板し、5年連続となる20セーブ目を挙げたDeNA・山崎=横浜