2019.7.21 23:07

巨人・原監督「反省はあるでしょうな」救援失敗のマシソンに

巨人・原監督「反省はあるでしょうな」救援失敗のマシソンに

広島にサヨナラ負けを喫し、引き揚げる巨人・原監督=マツダスタジアム(撮影・福島範和)

広島にサヨナラ負けを喫し、引き揚げる巨人・原監督=マツダスタジアム(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・リーグ、広島2x-1巨人=延長十回、14回戦、広島9勝4敗1分、21日、マツダ)巨人は21日、広島14回戦(マツダ)に延長十回、1-2でサヨナラ負け。先発の桜井が7回1失点と好投したが、打線は1点止まりで、4番手・マシソンがサヨナラを許した。原監督の試合後の主なやりとりは以下の通り。

 --最後まで1点を争う形

 「そうですね。まあまあ、よく粘ったというかね、もう1本が出なかったという形。向こうにもう1本が出たというところでしょうね」

 --マシソンは先頭の四球が痛かった

 「まあまあ、そこは本人は反省はあるでしょうな」

 --九里を崩せず

 「いいピッチングをされましたね。非常に丁寧に投げられてね」

 --桜井は緩急を使って

 「よかったと思います。この前(と違って)攻めの投球というかね、前回をいい教訓としてね。まあ明日から休んで頑張ります」

試合結果へ

  • 10回、力投する巨人・マシソン=マツダスタジアム(撮影・福島範和)