2019.7.21 21:42

オリックスD3・荒西2敗目「粘って抑えたかった」

オリックスD3・荒西2敗目「粘って抑えたかった」

特集:
2019新人情報
先発したオリックス・荒西=メットライフドーム

先発したオリックス・荒西=メットライフドーム【拡大】

 (パ・リーグ、西武10-3オリックス、15回戦、西武10勝5敗、21日、メットライフ)オリックスのドラフト3位新人、荒西は5回0/3を投げ6安打4失点で2敗目を喫した。3-2の六回、先頭打者の源田に初めて四球を与えると、次打者の外崎にしぶとく中前打されて降板。後続が逆転を許し「イニングを投げきって粘って抑えたかった」と唇をかんだ。

 26歳のオールドルーキーで、変化球を主体に的を絞らせない投球が持ち味。五回までは2点に抑えていただけに、悔やまれる登板となった。

試合結果へ