2019.7.21 20:57

オリックス・吉田正、2試合連続本塁打「うまく反応できた」

オリックス・吉田正、2試合連続本塁打「うまく反応できた」

6回、右本塁打を放つオリックス・吉田正=メットライフドーム(撮影・山田俊介)

6回、右本塁打を放つオリックス・吉田正=メットライフドーム(撮影・山田俊介)【拡大】

 (パ・リーグ、西武10-3オリックス、15回戦、西武10勝5敗、21日、メットライフ)オリックスの吉田正が2試合連続の17号ソロを放った。2-2の六回、先頭打者でニールの内角高めに浮いたツーシームを捉え、右越えへ運んだ。直前に見逃した内角球もツーシームで「その一球を見ていたのでうまく反応できた」とうなずいた。

 チームは逆転負けを喫したが、後半戦に入り「バットが振れている」と好調を維持。一回にも初球を振り抜いて右中間二塁打とし、4試合連続の複数安打をマーク。打率を今季初めて3割台に乗せた。

試合結果へ

  • 1回、右二塁打を放つオリックス・吉田正=メットライフドーム(撮影・山田俊介)