2019.7.19 05:05(1/3ページ)

大船渡・佐々木、6回13Kノーヒッター!フィリーズ大慈彌スカウト「サイ・ヤング賞取れる」/岩手

大船渡・佐々木、6回13Kノーヒッター!フィリーズ大慈彌スカウト「サイ・ヤング賞取れる」/岩手

ついに佐々木が本気モードだ。マウンドでは自信満々に人差し指を突き上げた (撮影・土谷創造)

ついに佐々木が本気モードだ。マウンドでは自信満々に人差し指を突き上げた (撮影・土谷創造)【拡大】

 第101回全国高校野球選手権大会岩手大会(18日、大船渡10-0一戸=規定により六回コールド、花巻)「令和の怪物」が本領発揮だ! 第101回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた岩手大会で最速163キロの大船渡・佐々木朗希投手(3年)が18日、一戸との3回戦で6回参考記録ながらノーヒットノーランを達成。日米13球団27人のスカウト陣の前で155キロを計測し、13三振を奪った。フィリーズの大慈彌(おおじみ)功スカウト(63)は「サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)も取れる」と大絶賛し、チームは10-0の六回コールド勝ちで16強に入った。

 スコアボードに掲示された「155」の表示に超満員の花巻球場がどよめいた。二回2死。佐々木が、一戸の6番打者へ投じた4球目がうなりを上げて、ミットに収まった。外角低めの直球で空振り三振を奪った一球が、この夏最速の155キロを計測した。

 「コントロールはずっと意識していることなので変わらず、少し球速というかギアを上げました」

 16日の遠野緑峰戦は2回無安打。「6割」の力で最速147キロをマークした。中1日で迎えた3回戦は自慢の快速球で押した。味方打線が10得点で六回コールドとなったが、対峙した19人から13三振を奪い、6回無安打無失点でノーヒットノーランを達成した。

 四回に再び155キロをマークするなど、この日は全93球中で直球は約60%の56球。150キロ台は16球だった。“試運転”の前回登板とは、腕の振りも躍動感も違った。

【続きを読む】

  • 大船渡先発の佐々木朗希投手=花巻球場(撮影・土谷創造)
  • バックネット裏には日米13球団のスカウト陣が大挙。西武・渡辺GM(右)らが佐々木の投球を見守った
  • 一戸戦に先発し、6回を無安打無得点に抑えた大船渡・佐々木=花巻球場
  • 6回無安打無得点で一戸に勝利し、ガッツポーズする大船渡・佐々木=花巻球場
  • 大船渡・佐々木朗希の今夏の登板成績
  • 先発の大船渡・佐々木朗希投手=花巻球場(撮影・土谷創造)
  • 大船渡高の佐々木朗希投手が二回に155キロを計測=花巻球場(撮影・土谷創造)
  • 6回参考で無安打無得点を記録し、記者に囲まれる大船渡・佐々木=花巻球場