2019.7.19 05:00

日本人の野球プレー最古記録発見か これまでより早い1872年に米国で

日本人の野球プレー最古記録発見か これまでより早い1872年に米国で

 日本に野球が伝えられたとされる1872年に、日本人が米国で野球の試合を行ったことを示す当時の新聞記事が複数見つかった。野球の歴史に詳しい米国人作家ビル・ステープルズ・ジュニア氏が6月末の米国野球学会総会で発表した。日本人がプレーした最古の記録として野球殿堂博物館(東京・文京区)も注目している。

 野球は72年に第一大学区第一番中学(後の東京開成学校、東京大)の米国人教師ホーレス・ウィルソンが学生に教えたのが日本での起源とされる。これまでは、東京開成学校が76年に在日本外国人チームと対戦したのが、記録として残る最古の日本人の試合だったが、それより4年も前の記述だ。

 見つかった記事によると、日本チームは全米を巡業していた「ロイヤル江戸劇団」という軽業師の一団で72年6月7日、ワシントンで大リーグの前身にあたるナショナル・アソシエーション所属の地元球団オリンピックスと対戦。野球は巡業中に習ったとみられる。