2019.7.17 08:00

【デーブ解析料理】2つのエンドラン、度肝抜かれた巨人・原采配

【デーブ解析料理】

2つのエンドラン、度肝抜かれた巨人・原采配

9回 亀井善行(9)とタッチを交わす巨人・原辰徳監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ) 

9回 亀井善行(9)とタッチを交わす巨人・原辰徳監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ) 【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト3-6巨人、13回戦、巨人8勝5敗、16日、神宮)巨人の首脳陣は、勝ち続けても気が緩んでいない。それを2つのエンドランから感じた。

 2点リードの二回1死一塁で、小林がヒットエンドランを決めて一、三塁とした。そして、次打者の山口がスクイズを成功させた。一連の采配は計算と勇気がないとできない。原監督の采配には度肝を抜かれた。相手バッテリーも「次は何を仕掛けてくるんだろう」と慎重にならざるを得ない。

 5-3の八回1死一塁ではビヤヌエバの代打に重信を起用。ヒットエンドランを仕掛けた。バックネット裏では他球団のスコアラーが偵察。とりわけ19日から巨人と対戦する広島は、巨人の戦術をかなり警戒してくるだろう。

 巨人はあと1つで貯金20に到達する。後半戦は始まったばかりだが、日本シリーズでどう戦うかを、今から考えてもいいんじゃないか。それくらいの強さを感じた。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ