2019.7.17 05:04(1/2ページ)

首位巨人、18日にもM点灯!両リーグ50勝一番乗り&山口も10勝一番乗り

首位巨人、18日にもM点灯!両リーグ50勝一番乗り&山口も10勝一番乗り

12球団最速で10勝目をマークした山口は、指で「10」を作るポーズ。抜群の安定感だ (撮影・今野顕)

12球団最速で10勝目をマークした山口は、指で「10」を作るポーズ。抜群の安定感だ (撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト3-6巨人、13回戦、巨人8勝5敗、16日、神宮)セ・リーグ首位の巨人は16日、ヤクルト13回戦(神宮)に6-3で勝って5連勝。12球団最速で50勝に到達した。山口俊投手(32)が6回2/3で107球を投げ、7安打3失点でこちらも12球団最速の10勝目(2敗)。DeNA時代の2016年以来、3年ぶり2度目の2桁勝利を挙げた。2位・DeNAに10・5ゲーム差をつける独走態勢を加速し、18日にも優勝へのマジックナンバー「48」か「49」が点灯する。

 左翼席で沸き立つG党の声援に、両手を挙げて応えた。山口がハーラートップの10勝目。我慢の投球だったが、試合後は白星の味をかみしめた。

 「チームが連勝中の中で勝てたのがよかったと思います」

 雨でマウンドはぬかるみ、調子もよくなかったといいながら、経験と知識で対応。3-0の三回に4連打などで3失点して追いつかれたが、勝ち越しは許さず、「そこは少し自分の成長なのかなと思う」と胸を張った。

 DeNA時代の2016年以来、3年ぶり2度目の2桁勝利は12球団最速。防御率(2・14)と勝率(・833)もリーグトップで投手3冠。6つ積み上げた奪三振(113)もDeNA・今永に次ぐ同2位で、チームを12球団一番乗りとなる今季50勝目に導いた。

 開幕直前に出合った1冊の本が、「戦いとは」を教えてくれた。3月28日。開幕戦のため広島に向かう前の品川駅で立ち寄った書店で、戦いにおける多くの名言が載る中国春秋時代の書物、孫子の『兵法』に目を奪われ、即座に購入した。

 「昔の人が作った言葉って、何か意図があるんですよね。野球に置き換えたときにどういうことなんだろうと。言葉の一つの意味をとっても、考え方に生かされる」

【続きを読む】

  • 好投する巨人先発の山口俊
  • 勝ってハイタッチする巨人・中川と小林=神宮球場(撮影・今野顕)
  • 巨人・中川=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 8回巨人2死二塁、小林が中前に適時打を放つ=神宮
  • 9回、亀井とタッチを交わす巨人・原監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 7回、青木の打席で降板する巨人・山口=神宮球場(撮影・今野顕)
  • 8回表、巨人・小林がタイムリー中安打でガッツポーズ=神宮球場(撮影・今野顕)
  • 8回表、巨人・小林がタイムリー左安打でガッツポーズ=神宮球場(撮影・今野顕)
  • 8回、中適時打を放つ巨人・小林=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 2番手の巨人・田口=神宮球場(撮影・今野顕)
  • 7回、ソロ本塁打を放つ巨人・亀井=神宮球場(撮影・福島範和)
  • 7回、本塁打を放ち生還した巨人・亀井=神宮球場(撮影・長尾みなみ)