2019.7.17 05:03

DeNA、2番・筒香から4点!4点!92日ぶりの単独2位

DeNA、2番・筒香から4点!4点!92日ぶりの単独2位

特集:
筒香嘉智
勝利を決めてラミレス監督(左)とハイタッチを交わすDeNAナイン。2番・筒香(左から2人目)が効いた (撮影・荒木孝雄)

勝利を決めてラミレス監督(左)とハイタッチを交わすDeNAナイン。2番・筒香(左から2人目)が効いた (撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA8-5広島、14回戦、広島7勝6敗1分、16日、横浜)DeNAの新打線が機能した。2試合連続で「2番・左翼」で出場した筒香嘉智外野手(27)が3度出塁し、六回の逆転劇や七回の4得点に貢献。チームは8-5で逆転勝ちし、4月15日以来の単独2位に浮上した。

 「すごくいい形でやれている。今の筒香はベストではないかと思うような状態を保っている。この2日間で6出塁し、(次打者の)ソトにもいい影響を与えている」

 ラミレス監督が手応えを口にした。得点圏打率・234だが、リーグ3位の出塁率・411の2番・筒香が、0-3の六回に先頭で中越え二塁打を放つと、3番・ソトが26号2ラン。4番・ロペスの三振後、新5番の佐野が左前打、続く6番・宮崎が一時逆転となる13号2ランを放った。さらに筒香は同点の七回1死一塁に四球で好機を広げると、4得点のビッグイニングが生まれた。

 「打順によって自分のやることは変わりません。打撃の調子は少し前からよくなっています」

 前半戦最終カードのヤクルト戦から調子が上向きになっていると語る。状態の良さが2番で発揮され、打線にもいい影響を与えている。

 指揮官は主砲が本来の勝負強さを取り戻せば“定位置”の4番に復帰させる意向だ。まずは1・5ゲーム差に4チームがひしめく団子状態の2位争いから抜け出し、10・5ゲーム差で独走する首位・巨人を追う態勢を整える。 (湯浅大)

六回、左翼場外まで飛ばすリーグトップタイの26号2ランを放ったDeNA・ソト「すごくいい感触で、打った瞬間に入ると思った」

「5番・右翼」で出場し、七回に2点打を放ったDeNA・佐野「この中にいる(中軸を務める)ことに自信を持ってやろうと思った」

試合結果へ

  • 六回、DeNA・筒香嘉智がフェンス直撃の二塁打を放つ=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 6回、左中越え2点本塁打を放つDeNA・ソト=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • お立ち台で「アイラブヨコハマ」と叫ぶDeNA・佐野(左)とロペス=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 9回、登板したDeNA・山崎=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • ファンとハイタッチを交わすDeNA・佐野=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • お立台で「アイラブヨコハマ」と叫ぶDeNA・佐野(左)とロペス=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • ファンの声援に応えるDeNA・ラミレス監督=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 6回、中越えに二塁打を放つDeNA・筒香=横浜
  • 8回、登板したDeNA・パットン=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 2回に3点を失い、ベンチへ戻るDeNA・上茶谷。捕手伊藤光=横浜
  • ベンチのDeNA・ラミレス監督=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 先発のDeNA・上茶谷=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)