2019.7.17 05:02

DeNA・綾部、無期限自宅謹慎 一昨年12月に未成年と不適切な関係

DeNA・綾部、無期限自宅謹慎 一昨年12月に未成年と不適切な関係

DeNA・綾部翔

DeNA・綾部翔【拡大】

 DeNAは16日、綾部翔(かける)投手(22)が、2017年12月に未成年の女性と不適切な関係を持ったことが発覚し、神奈川県の青少年保護育成条例違反の疑いがあるとして無期限の自宅謹慎処分を下したと発表した。練習にも参加させない。

 球団によると、綾部はインターネットを通じて女性と知り合い、高校生(当時)と認識していながら関係を持った。今月13日に週刊誌の取材を受け、綾部が球団に報告。球団が複数回の聞き取りを行い、事実関係を認めたという。

 三原一晃球団代表(51)は「お相手やご家族、関係者やファンの皆さまに深くおわび申し上げたい」と謝罪。球団は若手選手を対象にSNSや女性関係、暴力団などのトラブルに対する研修を定期的に行っているが、三原代表は内容の見直しを示唆した。

 右投げ本格派タイプの綾部は、16年に茨城・霞ケ浦高からドラフト5位で入団。17年10月3日の中日戦(横浜)でプロ初登板勝利を挙げた。18年4月に右肩のクリーニング手術を受け、今季の本格復帰を目指していた。