2019.7.17 05:02

DeNA・上茶谷、制球反省…6連勝はお預け

DeNA・上茶谷、制球反省…6連勝はお預け

2回に3点を失い、ベンチへ戻るDeNA・上茶谷。捕手伊藤光=横浜

2回に3点を失い、ベンチへ戻るDeNA・上茶谷。捕手伊藤光=横浜【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA8-5広島、14回戦、広島7勝6敗1分、16日、横浜)D1位・上茶谷(東洋大)が自身6連勝を懸けて先発し、5回3失点で勝ち負けは付かなかった。4回4失点だった9日の前回登板(対ヤクルト)に続きリードを許して交代したが、打線が試合をひっくり返した。右腕は「制球が安定せずに投球リズムが悪くなってしまい、攻撃にいいリズムでつなげることができませんでした」と反省した。

試合結果へ

  • 先発のDeNA・上茶谷=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 2回を終え、ベンチに戻る先発のDeNA・上茶谷=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)