2019.7.16 05:01

ヤクルト・五十嵐、痛恨悪送球 小川監督「ミスが出てしまうと…」

ヤクルト・五十嵐、痛恨悪送球 小川監督「ミスが出てしまうと…」

投球するヤクルト・五十嵐=長野オリンピックスタジアム(撮影・福島範和)

投球するヤクルト・五十嵐=長野オリンピックスタジアム(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト4-7巨人=延長十一回、12回戦、巨人7勝5敗、15日、長野)最後の踏ん張りが利かなかった。ヤクルトは延長十一回、6番手の五十嵐亮太投手(40)の一塁悪送球で決勝点を献上し、後半戦は黒星スタート。小川監督は「ミスが出てしまうと、こういう結果になってしまう」と肩を落とした。

 4-4の延長十一回無死一塁で、巨人・大城のバントを五十嵐が一塁悪送球。送球は広いファウルゾーンを転々とし、カバーに入った右翼手の雄平もファンブル。一走が一気に生還した。

 四回も2死一塁から炭谷が放った右翼線の打球を処理したD2位・中山(法大)が本来は本塁へ投げなければならない中継プレーで、二塁に投げる判断ミス。一走が生還する、痛恨の失敗もあった。

 指揮官は「明日(16日)はこういうミスが出ないようにやっていかないと」と戒めた。試合時間は4時間33分。借金15で最下位に沈むチームは、悔しさを抱えて帰りのバスに乗り込んだ。 (横山尚杜)

試合結果へ

  • 11回、巨人・亀井に2点本塁打を許したヤクルト・五十嵐=長野オリンピックスタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • ヤクルト・マクガフ=長野オリンピックスタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 4回適時内野安打を放つヤクルト・バレンティン=長野オリンピックスタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 6回を終えベンチに引き揚げるヤクルト・梅野=長野オリンピックスタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 5回ソロ本塁打を浴びるヤクルト・石川=長野オリンピックスタジアム(撮影・福島範和)
  • 4回適時二塁打を許したヤクルト・石川=長野オリンピックスタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 3回生還しベンチ前でナインとタッチを交わすヤクルト・石川=長野オリンピックスタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 3回二塁打を放つヤクルト・山田哲=長野オリンピックスタジアム(撮影・福島範和)
  • 3回死球を受けるヤクルト・青木=長野オリンピックスタジアム(撮影・福島範和)