2019.7.16 18:44

巨人・メルセデス、17日ヤクルト戦で後半戦初登板「いいスタートが切れたら」

巨人・メルセデス、17日ヤクルト戦で後半戦初登板「いいスタートが切れたら」

 巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(25)が16日、神宮球場でキャッチボールやダッシュなどを行い、先発する17日のヤクルト戦(神宮)に向けて調整。自身の後半戦初登板に向けて意気込みを口にした。

 「チームの勝利に貢献できるように、いいスタートが切れたらいいと思う」

 今季は開幕からローテーションを守り、14試合で6勝4敗、防御率3・39。神宮は、昨年7月10日に自身がプロ初勝利を挙げた球場だが、「どの球場でも、去年がどうこうはあまり考えないで、常に自分の仕事をしっかりすることを考えている」と集中力を高めていた。