2019.7.16 19:56

中日・松坂、今季初先発で5回4安打2失点

中日・松坂、今季初先発で5回4安打2失点

先発の中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)

先発の中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

(セ・リーグ、中日-阪神、13回戦、16日、ナゴヤD)右肩炎症から復活した中日・松坂大輔投手(38)が阪神戦に先発し、5回4安打2失点で降板した。

 松坂は一回、先頭の近本、糸原に連打を許すと、糸井に中犠飛を打たれ先制された。二回は多彩な変化球を駆使し、3人で終わらせた。1-2で迎えた三回2死から安打と四球で一、二塁のピンチを招くと糸井に右翼線適時二塁打を浴び同点に追いつかれた。続く大山に四球を与え、満塁となったが、陽川を見逃し三振に斬った。四回は3人で終わらすと、五回は1死から連続死球で一、二塁にしたが、糸井を二ゴロ、大山を中飛に抑えこの回限りでマウンドを降りた。

試合結果へ

  • 1回、ベンチに戻る先発の中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・甘利慈)
  • 3回、阪神・近本に安打を許した中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・甘利慈)
  • 先発、中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・甘利慈)
  • 先発の中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)
  • 1回、試合に臨む先発の中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・甘利慈)
  • 1回、マウンドに向かう先発の中日・松坂=ナゴヤドーム(撮影・甘利慈)