2019.7.15 05:02

ヤクルト・村上よ三振をおそれるな!クリーンアップ継続決定

ヤクルト・村上よ三振をおそれるな!クリーンアップ継続決定

村上は後半戦も引き続き中軸を務める。三振数は多いが、全てが肥やしになる

村上は後半戦も引き続き中軸を務める。三振数は多いが、全てが肥やしになる【拡大】

 ヤクルトは14日、球宴に出場した4選手を除いて長野市・長野オリンピックスタジアムで全体練習を行った。小川淳司監督(61)は村上宗隆内野手(19)の打順について言及。15日の巨人戦(長野)から再開する後半戦でも中軸を託す方針を明らかにした。

 「クリーンアップにはなるんじゃないか。20本(塁打)というのは立派な成績だと思う」

 村上は打率・234ながらセ・リーグトップタイの63打点、同4位の20本塁打をマーク。高卒2年目で18試合に4番起用されたが、指揮官は「真の4番打者」への成長を期待する。

 「まだ、本当に4番にどっしりと座っているとはいえない。ここで満足せずに進化していってほしい」

 同ワーストの103三振も「(長打と)裏返しなところもある。そこまで気にしなくてはいいんじゃないかな」。小さくまとまる必要はない。

 初出場の球宴は13日の第2戦(甲子園)で2安打(2試合で6打数2安打)。この日の練習を免除され、静養に努めた村上は「(球宴は)楽しかったですし、後半戦に生かしたい」。借金14で最下位に沈むチームを浮上させる。 (横山尚杜)