2019.7.14 05:03

ヤクルト・村上、球宴マルチ!10代では清原以来32年ぶり「また出たいです」

ヤクルト・村上、球宴マルチ!10代では清原以来32年ぶり「また出たいです」

村上が待望の初安打をマーク。六回の二塁打では雨の中、必死の走りを見せた (撮影・山田喜貴)

村上が待望の初安打をマーク。六回の二塁打では雨の中、必死の走りを見せた (撮影・山田喜貴)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第2戦(13日、全セ11-3全パ、1勝1敗、甲子園)「燕のゴジラ」が初の球宴で“爪痕”を残した。全セ・村上宗隆内野手(19)=ヤクルト=が五回の守備で途中出場し、六回に初安打となる左越え二塁打をマーク。さらに八回にも左前打を放った。

 「出ないよりは出たほうがいいので、良かったです」

 10代での複数安打は1987年の西武・清原和博(19歳11カ月)以来32年ぶり。全セでは63年の巨人・柴田勲(19歳5カ月)以来56年ぶりで、ヤクルト(前身球団を含む)では初めてだ。

 前夜に初出場を果たしたが無安打に終わり、この日は応援が耳に入らないほど「集中していた」という。高橋礼(ソフトバンク)の直球を捉えた初安打の直後には、思わず笑みもこぼれた。

 甲子園は九州学院高1年の夏に初出場。自らの失策もあり、初戦で敗退した。今季は5月21日の阪神戦で聖地初アーチを放ち、この日は五回の守備で右前へ抜けようかという強烈なゴロをさばき、攻守で躍動した。

 試合前にはパ・リーグトップの29本塁打を放っている山川(西武)とバットを交換するなど充実した時間を過ごした。史上3人目の10代球宴弾は逃したが「また出たいです。結果を残してファンの方に選んでもらえるように頑張りたい」と、新たな誓いを立てた。(横山尚杜)

試合結果へ出場選手・監督へ

  • 六回、2塁打を放つヤクルト・村上宗隆
  • 清原和博
  • 6回二塁打を放つヤクルト・村上=甲子園球場(撮影・長尾みなみ)