2019.7.14 10:43

ロッテ、元キューバ代表マーティン獲得 米通算58発大砲外野手

ロッテ、元キューバ代表マーティン獲得 米通算58発大砲外野手

レオネス・マーティン外野手(ゲッティ=共同)

レオネス・マーティン外野手(ゲッティ=共同)【拡大】

 ロッテは14日、今季途中まで米大リーグ・インディアンスでプレーしたレオネス・マーティン外野手(31)=189センチ、91キロ、右投げ左打ち=の入団が決定したことを発表した。1年契約で年俸は推定30万ドル(約3240万円)。

 マーティンは2011年にレンジャーズでメジャーデビュー。マリナーズ、カブス、タイガース、インディアンスと渡り歩き、通算8年間で770試合に出場し、58本塁打を放っている。09年にはデスパイネ(ソフトバンク)、グリエル(アストロズ)、セペダ(元巨人)らとともにキューバ代表として、第2回WBCにも出場した。

 球団待望の外野を守れる長距離砲は「このようなチャンスをいただき、非常に感謝しています。すばらしい球団に入団できて、とても光栄です。最高の選手となれるように、しっかりと準備をしてきます。私はいつも全てにおいて、ベストを尽くします。ファンのみなさまと一緒にリーグ優勝だけを目指して頑張ります」とコメントした。