2019.7.14 05:00

西武・光成、炎上3被弾6失点「泣きそうに」/球宴

西武・光成、炎上3被弾6失点「泣きそうに」/球宴

2回、本塁打を打たれ肩を落とす西武・高橋光=甲子園球場(撮影・山田喜貴)

2回、本塁打を打たれ肩を落とす西武・高橋光=甲子園球場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第2戦(13日、全セ11-3全パ、1勝1敗、甲子園)二回に登板した高橋光が3本塁打を浴びるなど、1回7安打6失点と大炎上。「シーズンじゃなくて本当によかった。(マウンドで)みなさん優しくて、泣きそうになりました」とタイムを取って慰めた内野陣に感謝した。群馬・前橋育英高の2年時に夏の甲子園で優勝した22歳右腕は「自分のボールが『まだまだなんだ』と感じました。しっかり練習します」と無念の球宴デビューを糧に飛躍を誓った。

試合結果へ出場選手・監督へ