2019.7.14 05:01

春王者の東邦散る…八回コールド、エース・石川9失点/愛知

春王者の東邦散る…八回コールド、エース・石川9失点/愛知

 第101回全国高校野球選手権大会愛知大会(13日、星城10-3東邦=規定により八回コールド、春日井市民球場)今春の選抜優勝チーム・東邦が愛知大会2回戦で八回コールド負け。1998年春に豊田西を甲子園に導いた平林監督が率いる星城に3-10で完敗し、昨夏の大阪桐蔭に続く史上9度目(8校目)の春夏連覇を逃した。選抜全5試合に登板したエース・石川が今夏初登板したが、四回に6安打を浴びて4失点するなど崩れ、7回13安打9失点で降板。1回戦では初打席で本塁打を放つ活躍を見せ「夏は必ず勝ちたい」と意気込んでいた。

地方大会日程へ