2019.7.14 05:00

八王子学園八王子・北沢、7回0封13K/西東京

八王子学園八王子・北沢、7回0封13K/西東京

八王子・北沢壮汰投手は7回1安打無四球13三振無失点に抑えた(撮影・赤堀宏幸)

八王子・北沢壮汰投手は7回1安打無四球13三振無失点に抑えた(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 第101回全国高校野球選手権大会西東京大会(13日、八王子学園八王子7-0和光=規定により七回コールド、ダイワハウススタジアム八王子)八王子学園八王子は西東京大会2回戦で和光に7-0で七回コールド勝ち。最速135キロの先発左腕、北沢が直球とカーブを巧みに使い分け、7回1安打無失点、13奪三振の快投で初戦を突破した。3年ぶりの甲子園を目指すチームの技巧派左腕は「まだ、球が浮くときがあった。強い相手では駄目」と反省。安藤監督は「優勝へは、打線が鍵です」と手綱を締めた。

地方大会日程へ