2019.7.14 05:00

健大高崎、14年ぶり初戦敗退/群馬

健大高崎、14年ぶり初戦敗退/群馬

 第101回全国高校野球選手権大会群馬大会(13日、高崎商大付9-7健大高崎、高崎城南球場)優勝候補の一角が群馬大会2回戦で高崎商大付に7-9でまさかの逆転負け。健大高崎が2005年以来、14年ぶりの初戦敗退となった。先発の吉井が一回に先制を許し、三回にも4連打を浴びるなど4失点。四回に伊藤の3ランで一時は逆転したが、2番手の藤原も崩れて、再逆転を許した。14安打は相手を上回ったが、盗塁0。代名詞の「機動破壊」は鳴りを潜めた。

地方大会日程へ