2019.7.14 08:00(1/2ページ)

【独占手記】DeNA・神里、次は「ファン投票で選ばれる選手に」/球宴

【独占手記】

DeNA・神里、次は「ファン投票で選ばれる選手に」/球宴

球宴仕様のスパイクとグラブを持つDeNA・神里

球宴仕様のスパイクとグラブを持つDeNA・神里【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第2戦(13日、全セ11-3全パ、1勝1敗、甲子園)監督推薦で初出場を果たした全セ・神里和毅外野手(25)=DeNA=がサンケイスポーツに独占手記を寄せた。所属チームではプロ2年目の今季、リードオフマンとしてブレークを遂げた沖縄出身のイケメンが、華やかな舞台ならではの交流、経験を明かし、15日に再開する後半戦への決意を示した。

 初めての球宴を楽しむことができました。無安打に終わったのは残念でしたが、緊張することもなく、シーズン同様に打席に入れました。

 チャモさん(ロペス)の代走で初出場し、走るかどうか迷いましたが、ある方からの“指令”が頭をよぎってスタートを切りました。球団OBの佐伯(貴弘)さんから「甲斐(ソフトバンク)のETCのバーを破って(上げて)くれ」と言われていたんです。

 雨のこともあり、リードはいつもより小さかったけれど「決められたらラッキー」の思いで走りました。自分としては先に足が二塁ベースに入ったと思ったものの残念ながらアウト。盗塁成功はシーズンにとっておきます。

 いろいろな人と会話もできました。梅野さん(阪神)や会沢さん(広島)には、僕と対戦するときには、どういう意識でいるのか聞いてみました。返事はここでは言えませんが「ああ、そう思っているんだ」と興味深かったです。

 “球宴仕様”の道具も醍醐味(だいごみ)です。メーカーさんにシルバーの派手なスパイクやオールスターのロゴが刺しゅうされているグラブなどを用意してもらいました。いい記念になります。

【続きを読む】

  • 球宴初出場を果たした神里。四回に盗塁を狙ったが惜しくも刺された(撮影・山田喜貴)
  • 6回、サードライナーに倒れるDeNA・神里=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 神里和毅の年度別打撃成績