2019.7.13 05:04(1/3ページ)

震えたで感動したで原口!阪神では掛布以来の代打球宴弾

震えたで感動したで原口!阪神では掛布以来の代打球宴弾

渾身のフルスイング! 原口が九回、代打で2ランを放った(撮影・斎藤浩一)

渾身のフルスイング! 原口が九回、代打で2ランを放った(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第1戦(12日、全セ3-6全パ、全パ1勝、東京D)奇跡のアーチ-。第1戦が行われ、大腸がんの手術から復帰した全セの原口文仁捕手(27)=阪神=が九回、代打で左翼に2ランを放った。「プラスワン投票」での3年ぶり2度目の舞台。感謝の思いを胸に感動の放物線を描き、敢闘選手賞に輝いた。試合は全パが6-3で全セに勝ち、5連勝。通算成績を85勝78敗11分けとした。第2戦は13日、阪神の本拠地・甲子園で開催される。

 原口のすべてが、塊になって飛んでいった。左中間席に突き刺さる。一塁を回ったところで思わず声が出た。笑みが抑えきれない。両足をホームベースにソッとそろえて生還。ヘルメットを外し、総立ちの場内を見やった。こんな日が来ると信じ、耐えて耐えて、たたき込んだ。奇跡の、カムバック球宴弾だ。

 「こういう機会を作っていただいて、本当に感謝の気持ちと、思いっきり楽しんでいこうと、1球目からスイングできたので。本当にたくさんの、サポートしてくれた方や支えてくれた方にね、少しでもきょうの結果が恩返しにつながるとしたら、本当に最高の結果だと思います」

 少しだけ目元を潤ませて、また笑った。その笑顔で何度、泣かせるのか-。1-6の九回2死。巡って来なかったはずの打席が高橋(中日)の中前打で巡ってきた。普段は敵地の東京ドームが、この半年で原口を知った日本中の人が、野球の神様が「打て」と言っていた。前半戦をパ・リーグNo.1の防御率1・92で折り返した山本(オリックス)と向き合う。カウント1-1から3球目を捉えた。大腸がんからの復帰後1号(2軍戦を除く)が球宴初アーチに。堂々、敢闘賞だ。

 「こうやって何かの巡り合わせで、良い結果が出たので。高橋選手に感謝の気持ちでいっぱいです。(ベンチで)みんな笑顔で迎えてくれて、とても幸せな気分でした」

【続きを読む】

  • 全セのナインに出迎えを受け、この笑顔
  • 敢闘選手賞に輝いた原口文仁
  • 9回、2ランを放つ阪神・原口=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 9回、2ランを放った阪神・原口=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 敢闘選手賞を受賞する阪神・原口(左)ら=東京ドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 表彰式、敢闘選手賞を受賞する阪神・原口(左)ら=東京ドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 阪神・原口のオールスターアットバット
  • オールスター第1戦・表彰選手
  • 7回、内野安打を放つ阪神・梅野=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 6回、二盗決める阪神・近本=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)
  • 6回裏、代走の阪神・近本が二塁へ盗塁成功=東京ドーム(撮影・今野顕)