2019.7.13 23:03

西武・高橋光、ほろ苦い初登板「自分の球がまだまだなんだと感じた」/球宴

西武・高橋光、ほろ苦い初登板「自分の球がまだまだなんだと感じた」/球宴

2回、本塁打を打たれ肩を落とす西武・高橋光=甲子園球場(撮影・山田喜貴)

2回、本塁打を打たれ肩を落とす西武・高橋光=甲子園球場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第2戦(13日、全セ11-3全パ、1勝1敗、甲子園)西武の高橋光が球宴に初登板し、1回を投げて3本塁打を含む7安打で6失点と打ち込まれた。0-2の二回に登板し、先頭打者の原口と梅野(ともに阪神)に連続本塁打を浴び、1死後に筒香(DeNA)の3ランなど5連続長短打を許した。「セ・リーグを代表する打者と対戦して、自分の球がまだまだなんだと感じた。実力不足」と悔しがった。

 5年目の今季は前半戦で自己最多の7勝を挙げ、監督推薦で球宴に初出場。群馬・前橋育英高時代に全国制覇を果たした甲子園で予定の2イニングを投げられなかった。ほろ苦い結果となり「もうオールスターは避けて通りたい」と苦笑いだった。

試合結果へ出場選手・監督へ