2019.7.13 05:02

竜ケ崎一・中村キャノンだ!公式戦初の3度二盗阻止/茨城

竜ケ崎一・中村キャノンだ!公式戦初の3度二盗阻止/茨城

3年生エースの幸山(左)と肩を組む2年生捕手、中村。竜ケ崎一を勝利に導くバッテリーだ (撮影・川並温美)

3年生エースの幸山(左)と肩を組む2年生捕手、中村。竜ケ崎一を勝利に導くバッテリーだ (撮影・川並温美)【拡大】

 第101回全国高校野球選手権大会茨城大会(12日、土浦一0-2竜ケ崎一、JCOMスタジアム土浦)茨城大会2回戦で、戦前の竜ケ崎中時代から8度の甲子園出場を誇る古豪、竜ケ崎一が2-0で土浦一に勝利。2年生の中村廉捕手が、強肩でチームを勝利に導いた。

 「初回(が始まる前)のボールバックのあとのセカンド送球で感触をつかめた」

 一回1死から二盗を狙った藤又を刺すと、二回2死でも繁森の二盗を阻止。五回にも1死から佐野の二盗を防いだ。リードでも3年生の幸山を支え、相手に三塁を踏ませなかった。公式戦で3度刺すのは初めてで、塚原監督も「集中力が高まっていた。チームを救った」と絶賛した。

 「一戦一勝で頑張りたい。目標は甲子園」と中村。1991年以来28年ぶりの聖地を目指す。 (川並温美)

地方大会日程へ