2019.7.12 05:01

阪神・矢野監督、ローテ再編!メッセ抹消…望月が代役筆頭候補

阪神・矢野監督、ローテ再編!メッセ抹消…望月が代役筆頭候補

 阪神は11日、ランディ・メッセンジャー投手(37)の出場選手登録を抹消した。今季開幕投手を務めながら、前日10日の巨人戦(甲子園)で2回4失点で今季最短KOとなり、7敗目(3勝)と不振。矢野燿大監督(50)は後半戦の巻き返しへ、先発ローテーション再編に着手した。

 遠く離された首位・巨人の背中をつかまえるべく、矢野監督が動いた。開幕投手で大黒柱のメッセンジャーを抹消。先発ローテを組み直す。

 「何がいいかもう一回考えないとダメだし。ランディはちょっと現状、何回か同じ形でやられている。ランディのところは、ちょっと考える部分は出てくる」

 ここまで13試合で3勝7敗、防御率4・69。本来の姿からほど遠い右腕に、これ以上無条件でマウンドを任せるわけにはいかなかった。

 5月中旬から約2カ月間はローテ6人を固定。「全体的にはそれなりの投球を、先発陣はしてくれている」と信頼を寄せてきた。メッセンジャー以外の5人は変わらず後半戦スタートからフル回転を期待するが、第6の男を引き上げる。ウエスタントップの防御率2・43をマークしている望月が筆頭候補だが、この球宴期間中に最終的に見極めることになる。