2019.7.12 05:01

阪神D4・斎藤、6球3人斬り!オール直球で昇格アピール/フレッシュ球宴

阪神D4・斎藤、6球3人斬り!オール直球で昇格アピール/フレッシュ球宴

特集:
2019新人情報
オール直球で三者凡退に抑えた斎藤。1軍昇格を目指す後半戦へ弾みをつけた

オール直球で三者凡退に抑えた斎藤。1軍昇格を目指す後半戦へ弾みをつけた【拡大】

 フレッシュオールスターゲーム(11日、イースタン選抜1-5ウエスタン選抜、楽天生命)阪神のD4位・斎藤友貴哉投手(24)=ホンダ=がウ選抜として八回に登板。わずか6球、全球ストレートの真っ向勝負で三者凡退に抑えた。

 「ゼロで抑えられたことが一番。(全球直球勝負でいくことは)決めてなかった。みんなもストレートにこだわっていたので、そこは曲げずにいきました」

 持ち味の力のある直球で強気に攻めた。先頭の日本ハムのD2位・野村佑希内野手(花咲徳栄高)を148キロで二直に打ち取ると、続く楽天・西巻は力勝負で中飛に。最後はヤクルト・宮本をこの日最速となる152キロで二ゴロに料理した。

 山形出身の右腕にとって楽天生命パークは、小、中学時代によく観戦に訪れていた思い出の地。憧れのマウンドに立ったときの気持ちを「新鮮でした」と笑顔で振り返った。

 1年目の今季、1軍戦1試合登板にとどまっているが、後半戦に向け「1軍の試合で活躍することが目標なので、しっかりアピールしていきたい」と巻き返しを誓った。 (織原祥平)

ウ選抜として七回に登板し、1回を2安打3奪三振無失点の阪神・馬場「ホっとしています。ヒットを打たれたんですけど、とりあえず抑えられてよかった」

試合結果へ

  • 8回、投球する阪神・斎藤=楽天生命パーク(撮影・水島啓輔)