2019.7.12 22:24

19歳のヤクルト・村上は4打数無安打 千賀は「どんな球か分からなかった」/球宴

19歳のヤクルト・村上は4打数無安打 千賀は「どんな球か分からなかった」/球宴

 マイナビオールスターゲーム第1戦(12日、全セ3-6全パ、全パ1勝、東京D)初出場した注目の19歳、ヤクルトの村上は4打数無安打で3三振に終わった。二回2死二塁の初打席は千賀(ソフトバンク)のカットボールに空を切り「初めて対戦する投手で、どんな球か分からなかった」と悔しがった。九回は山本(オリックス)のフォークボールを振り、最後の打者となった。

 試合前の本塁打競争にも参戦。1回戦で吉田正(オリックス)に敗れたが、看板直撃の特大アーチを含む4本の柵越えを放ってスタンドを沸かせた。進境著しい長距離砲は「すごくいい経験になった」と記念の一日を振り返った。

試合結果へ出場選手・監督へ