2019.7.12 19:03

江本孟紀氏、ヤクルト・村上たたえる「手首の角度がいい」

江本孟紀氏、ヤクルト・村上たたえる「手首の角度がいい」

ホームランダービーに臨んだヤクルト・村上=東京ドーム(撮影・今野顕)

ホームランダービーに臨んだヤクルト・村上=東京ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 「マイナビオールスター2019」は12日、東京ドームで第1戦が行われた。

 初出場となる全セ・村上宗隆内野手(19)=ヤクルト=は本塁打競争で吉田正尚外野手(25)=オリックス=と対戦。2分間の制限時間中、看板直撃弾を含む4本をスタンドに運んだ高卒2年目をニッポン放送で解説を務めた本紙専属野球評論家の江本孟紀氏(71)は「手首の角度がいいですよね。私が見てても、やっぱり手首ですよね」とたたえた。

 対戦は吉田正が5本塁打を放ち、ブランドン・レアード内野手(31)=ロッテ=との戦いを制した坂本勇人内野手(30)=巨人=との準決勝へ。準決勝は坂本勇3発に対して吉田正が4球連続4本塁打を放ち、13日(甲子園)に行われる決勝へと駒を進めた。

出場選手・監督へ

  • ホームランダービー1回戦、オリックス・吉田正に敗れたヤクルト・村上=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • オリックス・吉田正の打撃に拍手するヤクルト・村上=東京ドーム(撮影・福島範和)