2019.7.12 05:05(1/2ページ)

球団設立50周年ヤクルトのレジェンド集結!若松監督「代打オレ」成功

球団設立50周年ヤクルトのレジェンド集結!若松監督「代打オレ」成功

夢のOB戦前に時代を彩ったヤクルトナインが、笑顔で記念写真に納まった (撮影・中井誠)

夢のOB戦前に時代を彩ったヤクルトナインが、笑顔で記念写真に納まった (撮影・中井誠)【拡大】

 ヤクルト球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents Swallows DREAM GAME」が11日、神宮球場で行われ、野村克也監督(84)率いる「GOLDEN 90’S」と若松勉監督(72)=ともにサンケイスポーツ専属評論家=の「Swallows LEGENDS」が対戦。若松軍の指揮官が三回に自ら代打で左前適時打を放つなど、指揮&バットの“二刀流”で活躍し、6-3で勝った。往年の名選手たちが、2万7727人の観衆を魅了した。(敬称略)

 若松監督から、野村軍の参謀役を務めた古田のお株を奪う、あの名ゼリフが飛び出した。

 「代打・オレ!」

 三回に3点を奪い、なお無死満塁の好機。指揮官は照れながら球審に自らの代打起用を告げると打席へ。左腕・山部の外角高めに浮いた直球を背伸びするように打ち返し、左前に落とした。

 「ラッキーだったね。何とか走者をかえそうと思っていた。上からたたいたら芯に当たった」

 球団史上最多の通算2173安打。『小さな大打者』と呼ばれた男の鮮やかなバットコントロールに、2万7727人の大観衆は大喜びだ。雨の神宮に傘の花が揺れた。

 2001年にリーグ優勝&日本一に導いた若松監督は、その采配も鮮やかだった。三回は先頭の八重樫が、独特のがに股打法で鮮やかな中前打。福地が四球を選ぶと、プロ野球歴代3位の通算408犠打を誇る宮本慎の絶妙な犠打が投前安打となり満塁。まな弟子の岩村が右越えに同点打を放った。

 さらに1992年の日本シリーズで代打満塁サヨナラ本塁打を放った杉浦が初球を右前に運んで2者が生還するなど、一挙に7安打6得点。冷静沈着な采配ぶりで歴代の名選手たちの個性を生かした。

【続きを読む】

  • 現役時代に小さな大打者と呼ばれた若松監督は三回、左前打を放った(撮影・福島範和)