2019.7.10 11:05

オールスターで急逝のエ軍・スカッグス投手に黙とう トラウトは背番号「45番」でプレー

オールスターで急逝のエ軍・スカッグス投手に黙とう トラウトは背番号「45番」でプレー

オールスター戦の試合前セレモニーで、アストロズのブラントリー(23)を迎えるヤンキース・田中(中央)=クリーブランド(共同)

オールスター戦の試合前セレモニーで、アストロズのブラントリー(23)を迎えるヤンキース・田中(中央)=クリーブランド(共同)【拡大】

 米大リーグ、第90回オールスター戦が9日(日本時間10日)、インディアンスの本拠地クリーブランドで行われた。試合前両軍の選手らがグラウンドに出て、1日(同2日)に遠征先テキサスのホテルで急逝したエンゼルスのタイラー・スカッグス投手(享年27)に黙とうを捧げた。

 同投手と親交が深いことで知られ、この日ア・リーグ「3番・中堅」で先発したトラウト(エンゼルス)はスカッグス投手の背番号「45」のユニフォームを着て、試合に臨んだ。さらに両軍の監督、コーチ、選手らも胸に45番のバッジをつけ、同投手を追悼。

 カリフォルニア州出身の左腕・スカッグス投手は、今季開幕からローテションの一角として15試合に先発し、チームトップの7勝(7敗)を挙げていたが、遠征先のホテルの自室で心肺停止の状態で発見され、そのまま帰らぬ人となった。

  • エンゼルス・スカッグス投手(AP)