2019.7.5 05:02(1/2ページ)

阪神、石崎とロッテ・高野のトレード発表 谷本副社長「可能性に賭ける」

阪神、石崎とロッテ・高野のトレード発表 谷本副社長「可能性に賭ける」

特集:
侍ジャパン
ロッテへのトレードが決まった石崎。新天地での活躍が期待される

ロッテへのトレードが決まった石崎。新天地での活躍が期待される【拡大】

 阪神・石崎剛投手(28)とロッテ・高野圭佑投手(27)の交換トレードが4日、両球団から発表された。ともに中継ぎ右腕同士という珍しい形の移籍劇となったが、自身もトレード移籍の経験がある阪神・矢野燿大監督(50)は2人の成長に期待をかけた。

 中継ぎ右腕同士という異例のトレードが成立。逆転Vへ向けた球団の積極的な動きを、矢野監督も歓迎した。

 「どっちにもチャンスあると思う。そういうトレードだと思うのでね。チャンスあるからこういうことするわけで。感情が変わるところでもあると思うので、そういうものになればいいなと思う」

 2017年には侍ジャパンにも選ばれた石崎を放出し、獲得したのは高野。最速152キロの直球とフォークを武器にし、今季の開幕前にロッテ・井口監督は抑え候補との構想もしていたという。

 年齢も1歳違いの同年代で、スタイルも似た2人のトレードについて谷本修副社長兼球団本部長は「環境を変えてあげれば両選手ともそもそも力を持った選手たちなので、もっといいパフォーマンス出せるんじゃないかということで合意しました」と説明。「環境が人を変えると思うので。2人とも大きく変わる可能性に賭けてみたい」と伸びしろを考慮したことも強調した。

【続きを読む】

  • 阪神へのトレードが決まったロッテ・高野
  • 阪神・石崎=鳴尾浜球場(撮影・林俊志)
  • 阪神・石崎=鳴尾浜球場(撮影・林俊志)
  • 阪神・石崎=鳴尾浜球場(撮影・林俊志)