2019.7.5 05:05(1/3ページ)

坂本勇6年ぶり満弾24号!巨人、鯉に6差で首位ターン決定

坂本勇6年ぶり満弾24号!巨人、鯉に6差で首位ターン決定

特集:
坂本勇人
坂本勇は二回、左翼席へ自身6年ぶりとなる満塁弾を放った (撮影・今野顕)

坂本勇は二回、左翼席へ自身6年ぶりとなる満塁弾を放った (撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人5-3中日、14回戦、巨人10勝4敗、4日、東京D)巨人・坂本勇人内野手(30)が4日、中日14回戦(東京ドーム)で0-0の二回、2013年以来自身6年ぶり6本目の満塁本塁打となる24号グランドスラムを放った。この一発で5-3の勝利に貢献し、チームを5連勝に導いた。チームは前半戦の首位ターンが確定。2位・広島に6ゲーム差をつけた巨人が独走態勢に入る!!

 フルスイングから放たれた打球が左翼席へ伸びる。本塁打を確信した東京ドームのG党は総立ちだ。0-0の二回2死満塁で、坂本勇が左翼席中段へ運ぶグランドスラム。155キロの剛速球を完璧に捉えた。

 「そんなに速かったんですか。あまりインサイドは意識してなかったけど、うまく反応できた。自分のスイングで芯に当たったので、ホームランになるなと思いました」

 外角攻めを続けていた中日・ロメロがカウント2-2から投じた内角球を逃さなかった。自身6本目の満塁弾は2013年4月19日の広島戦(マツダ)以来6年ぶり。球団では川上哲治と松井秀喜に並ぶ数字だ。10年の31本に次ぐキャリア2位の24号。シーズン46発ペースとした。

【続きを読む】

  • 坂本勇(左端)は大竹(中央)の肩によりかかって満面の笑みを浮かべた。右端は今村
  • 3日の試合前練習で、久々に再会したロイ・フジカワさんと談笑する巨人・坂本勇
  • 2回満塁本塁打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 巨人選手・満塁本塁打歴代上位
  • 巨人・2000年以降の前半成績
  • 2回、満塁本塁打を放った坂本勇を出迎える巨人・原監督=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • お立ち台で笑顔を見せる(左から)巨人・坂本勇、大竹、今村=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 中日に勝利し、笑顔を見せる巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 2回二盗に成功する巨人・若林=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 2回、安打を放つ巨人・今村=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 6回、巨人・小林がソロ本塁打を放つ=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 7回、自打球を当てて痛がって転がる巨人・岡本=東京ドーム(撮影・今野顕)